ホーユーを知る

次の100年へ

次の100年に向けた挑戦

ホーユーで働くということ。
それは、挑み続けるということ。

次の100年に向けた挑戦
ホーユーには、
挑戦という色があります。

誰でも簡単に髪色を変えることができる。
そんな私たちホーユーのビジネスは1905年(明治28年)に誕生しました。

当社は、ただ髪色を変える商品をつくり販売する会社ではありません。
「COLOR YOUR HEART 〜心に彩りを〜」という
コーポレートスローガンの通り、
当社の商品やサービスを使っていただいた先にある
「お客様の喜びや幸せ」を追い求め、実現することにあります。

髪色を変えて気持ちが明るくなったり、
新しい自分を発見したりすることで、
日々の暮らしがもっと心豊かに、充実したものになるように。

この100年以上の間、私たちは常にお客様の声に耳を傾け、
その気持ちに寄り添いながら、
技術的な問題や文化の壁など、様々な高いハードルに挑み、
乗り越えてきました。

現在、街をゆく方の髪色は様々な色で溢れています。
なりたい自分を、個性を、髪色で表現できる。
このヘアカラー文化は、はじめから当たり前にあったわけではありません。
ホーユーの社員一人ひとりの努力と挑戦の積み重ねが、
日常に彩りを加え、長い時間をかけて新しい文化をつくる
一助となりました。

国内シェアNo.1※は通過点に過ぎず、現状に満足することはありません。
海外への積極的な事業展開や安全性研究の一歩先を見据えた
アレルギー分野への挑戦など、
常に新しいものを生み出す姿勢を変えることなく
次の100年へ向け歩みを進めています。

ヘアカラーに留まらず、
いかに多くのお客様に新たな喜びや幸せをお届けするか。
その挑戦に終わりはありません。

ホーユーで働くということは、挑み続けるということなのです。

※インテージSRIヘアカラー市場
 1995年1月~2016年12月 各年累計販売金額
 インテージSRI+ヘアカラー市場
 2017年1月~2020年12月 各年累計販売金額

世界への挑戦

世界という舞台で輝く、
社員一人ひとりの
成長につなげたい。

世界への挑戦
国内ヘアカラーNo.1企業が
海外市場に挑む。
伸びしろは計り知れない。

ホーユーの活動は国内だけでなく、世界という大きなフィールドに広がっています。現在はアメリカ、中国、タイ、シンガポールなどに現地法人を有し、世界約70か国に商品を展開。海外市場の売上比率は年々高まりつつあります。国内ではNo.1でも海外市場では挑戦者の立場。人種や言語、文化の違うタフでスリリングな環境の中で、世界中のお客様を理解し、そしてマーケットでの存在感を強めていく。これが今後のホーユーの目指す姿のひとつです。

アジアを中心に
グローバル展開を加速。

世界の人口は約78億人。その多くは黒髪人種だと言われています。日本のヘアカラー文化をつくってきた私たちは、中国やASEANなどアジア諸国を中心に積極的なグローバル展開を推進中です。また、海外にもマーケティング、研究、製造、販売の拠点を持つことで、現地のお客様のニーズにマッチする商品やサービスの開発・展開を可能としています。世界のフィールドで活躍する社員は、持ち前のチャレンジ精神と熱い想いで未進出の海外マーケットを切り開いています。

海外での経験を、
社員一人ひとりの成長につなげたい。

ホーユーでは、入社一年目から世界のフィールドで活躍する若手社員もいます。出張ベースの営業スタイルですが、経験を積んだのち、マネージャーとして現地法人に長期赴任するチャンスもあります。異なる文化の中で仕事をすることで、今まで培ってきた常識や価値観がまったく通用しない場面に遭遇することもあるはず。見知らぬ土地でのビジネスには、言葉だけではない、環境に適応するための様々な能力やスキルを身につける必要があります。グローバルな環境に身を置くことで得られる経験や気づきを社員の成長につなげたい、それはホーユーが世界に挑戦する理由でもあります。

ホーユーのやりがい

新しいフィールドが広がる。
多様な個性が
その力を発揮できる。

ホーユーのやりがい
若手の意見も採用し、
仕事を任せていくフラットな環境。

100年以上の長い歴史を持つホーユーですが、若いうちから仕事を任せていく社風が根付いています。当社の社員なら「若いうちはどんどん失敗したほうがいい!」という言葉を先輩や上司の口から聞いたことがあるはず。それは若手を信頼し成長を期待している証です。設定した目標を達成するため、従来のやり方に固執することなく、自分でアイデアを出し、ときにはチームで作戦を立て、試してみる。失敗しても、途中で投げ出すことなく、最後まで諦めずに取り組む。挑戦する人を手助けする。
当社にはそんな働き方や成長できる環境があります。

一人で作れる商品はない。
周りと協働し、作り上げるやりがい。

ひとつの商品がお客様の元に届くまで、様々な部門が関わっています。部門は違えど、目指すものは同じ。「髪色を変える楽しみを知ってもらいたい」「ヘアカラーを安心・安全に使っていただきたい」。社員一人ひとりがその強い想いを持って、一丸となって仕事に取り組んでいます。各部門が協働して、店頭に並んだ商品の一つひとつは、言わば「チームの結晶」です。その商品を通して、会社に一体感が生まれ、社員の働く喜びに繋がり、社員が会社を好きになり、会社と社員が成長しながら、ヘアカラー市場全体の発展に貢献していく。その循環が、挑み続ける原動力になっています。

次の100年に向けて、活躍のフィールドが広がっていく
次の100年に向けて、
活躍のフィールドが広がっていく。

日用品、食品、医薬品を手がけるクラシエグループが朋友ホールディングスの一員となったことで、経営基盤がより強固になるだけでなく、ヘアカラー以外の事業フィールドが広がりました。もちろんコアであるヘアカラー事業においても、新商品の開発や積極的なグローバル展開の拡大など、社員一人ひとりの想いや個性を活かせる場所と機会が今後さらに増えていきます。社名の由来である「朋友(ほうゆう)」には、社内の仲間はもちろん、ご愛用者やお取引先すべての方々と朋友関係を深めながら、切磋琢磨して成長していきたいという願いが込められています。多くの人たちと協働しながら新しいことに挑み、自らを成長させたいという想いを持つ方と共に、次の100年に向かっていきたい。私たちはそう考えています。